日々の感動を共有し、お困りごとを一緒に解決

AZALIFE

生活

子育てパパと子供の楽しい料理【初心者でも簡単なドーナッツ作り】

更新日:

 

お家でパパと子供たちだけ。

そんな時は子供と一緒に料理をしてみてはどうでしょうか?

粘土感覚で作れる、簡単で楽しいドーナッツ作りをご紹介します。

 

ちなみに私はほとんど料理をしたことがなく、子供とそれ程レベルが変わらない素人です。

その分「○○しなさい」という指示にならず、「ほら写真を見て。こんな風にやるみたい」と子供と同じ目線で料理をしています。

そこがお互いの楽しい気持ちに繋がっているように感じています。

ですので、料理をほとんどしたことがなくても全然大丈夫です。

ケガをしないよう安全にだけ気をつけ、子供と一緒に楽しんで料理をしてみましょう。

スポンサーリンク

子育てパパと子供の楽しい料理

 

前述のとおり、私は子供と一緒に料理をするようになりました。

子供だけでなく、普段あまり料理をしない私も新鮮で楽しめています。

「お買い物」/「料理」/「食べる」とそれぞれに楽しみがあり、子供が飽きづらいのもポイントです。

 

お買い物の時は、「材料を一緒に探そう!たまごはどこにあるか分かるかな?」と宝探し気分。

料理の時は、「娘ちゃんは粘土が上手だから、コネコネをお願いね!」と共同作業。

食べる時は、「パパのまず~い!私が作った方が美味しいよ!」と品評会。

 

一緒に何か1つの物を作り上げることは楽しいです。

どうやら、その気持ちは子供も大人も同じのようです。

 

材料の準備

必要な材料は下記のとおりです。

全ての材料がスーパーで揃いますので、買い物の段階から子供と楽しむのがオススメです。

 

生地作りに必要な材料

・ホットケーキミックス:200g

・たまご:1個

・牛乳:大さじ2

・油:大さじ1

 

その他あったら嬉しいもの

・砂糖(味つけ)

・ジャム(味変)

・チョコペン(お絵かき)

 

生地の作り方

まずは生地を作っていきます。

混ぜたり捏ねたり、子供と一番一緒に楽しめる工程です。

 

1.ボールに材料を入れます。

入れる材料

・たまご:1個

・牛乳:大さじ2

・油:大さじ1

・ホットケーキミックス:200g

 

 

 

2.ボールの中身を混ぜます。

ボールに入れた材料を混ぜていきます。

最初は楽ですが、水分がなくなってくると意外と力が必要です。

子供に最初の方をお願いし、後半はパパが仕上げましょう。

混ぜる時の注意点

オススメはゴムベラです。(ホイッパーだと隙間に入ってしまうので、ゴムベラの方がやりやすいです。)

 

3.ビニール袋に入れてコネコネする。

ある程度混ざったらビニール袋に入れてコネコネしましょう。

パラパラした粉っぽさがなくなれば大丈夫です。

 

4.ビニール袋から取り出して成型する。

ビニール袋から取り出して成型します。

いくつかに分けて、粘土のように形を作っていきます。

油を手に塗っておくとくっつかないで良いです。

 

形は何でも良いです。

星型だったり、ハート型だったり、花型だったり。

注意点は下記のとおりですので、基本的には子供の好きなように作らせてみましょう。

 

成型時の注意点

・手に油を塗っておくとくっつかない

・全体的に大きくしすぎない(中まで火が通る間に外が真っ黒こげになってしまいます)

・輪っかの場合は繋ぎ目はきちんと結合する(揚げている間に「C」になってしまいます)

・輪っかの場合は丸い穴は大きめにする(周りが膨らんで穴が小さくなります)

 

生地の揚げ方

大人が揚げるにしても子供は見たがるので、小さい子供の場合は火に近づけないように気をつけましょう。

低めの温度(160度くらい)の油でじんわり揚げていきます。

けっこうすぐ焦げてしまいますので注意が必要です。

温度が高いと外側だけこんがり揚がって、中が半生の場合があります。

その場合は残念ですが、半分に割ったりして火が通るようにしましょう。

前述のとおり輪っかではなく、揚げている間に「C」になってしまいました。

これは子供にガッカリされるので、今度成型する時は気をつけたいところです。

 

揚げる時の注意点

・小さい子供は火に近づけない!!

・低めの温度(160度くらい)の油でじんわり揚げる!!

・中まで火が通るように注意

 

食べ方のオススメ

熱いので気をつけてもらいたいのですが、やはり揚げたてを食べるのがオススメです。

外はサクサク、中はしっとりの食感が味わえます。

ただし、味はあまりないので以下を揃えておくと良いと思います。

 

オススメの食べ方

・お砂糖(昔ながらの味!!)

・ジャム(イチゴ、ブルーベリー、オレンジなど、色んな味が楽しめます!!)

・チョコ(チョコペンならお絵かきもできます!!)

 

 

豆腐や豆乳を使うことでヘルシーでフワフワになるらしいです。

また、砂糖は生地に混ぜても良かったかもしれません。

今回はスタンダードに作りましたが、今度試してみます。

 

「子育てパパと子供の楽しい簡単料理」として紹介させてもらいましたが、もちろんママと一緒に作っても良いと思います。

ただ、お買い物から料理まで子供と一緒にすると良い意味で時間がかかります。

その時間でママに美容院やショッピングに行ってもらっても良いかもしれません。

ママに秘密で作ってあげるというのも子供との連帯感が生まれます。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

また簡単で楽しいメニューがあれば、ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

-生活

Copyright© AZALIFE , 2019 All Rights Reserved.