仕事

新卒1年目で仕事を辞めたい人【第2新卒と若さで転職も有利】

2019年11月30日

新卒1年目で仕事を辞めたい人【第2新卒と若さで転職も有利】

新卒1年目だけど、仕事を辞めたい。
新卒1年目で仕事を辞めた場合、人生はどうなってしまうの?
新卒1年目で仕事を辞めても転職は可能?

 

これらの不安と疑問を解消する記事になります。

 

こんにちは、しろ(@azarashi0706)です。

新卒で入社した商社の営業を、1年未満で辞めました。その後は第2新卒でIT業界に転職し、エンジニアからグループマネージャーになっています。

実際に1年未満で辞めても大丈夫だった経験を元に、退職してもOKな理由を解説していきます。

 

記事の内容

・新卒1年目で仕事を辞めても大丈夫

・第2新卒と若さの特権で転職も有利

・経験を次に活かしてチャレンジすべき

 

私もそうでしたが、せっかく入った会社を辞めることは勇気がいりますし、大きな挫折感も感じてしまいますよね。

とはいえ、その後の人生を考えても辞めるのは全然大丈夫で、若いうちに次の挑戦をした方が良い面もあります。

社会人としてデビューした経験は無駄になりません。

 

 

新卒1年目で仕事を辞めたい人

新卒1年目で仕事を辞めたい人

結論からお伝えすると、辞める方向で動いた方が良いです。

仕事を辞めたい理由は以下が代表的だと思いますが、いずれの理由でも辞めてしまって大丈夫。もし、身体やメンタルに影響が発生している場合は、早急に動き出しましょう。

 

仕事を辞めたい理由

・仕事で怒られてばかりで会社に行くのが辛い

・仕事がつまらない、自分に合わない、スキルがつかない

・会社の将来性に期待できない

私は上司に怒られまくって、会社に行くのが辛くなりました。

 

転職やフリーランスを検討

生きていくためにはお金が必要です。

仕事を辞めてしまうと収入が途絶えてしまうので、何らかの方法で稼いでいかないといけません。アルバイトで食いつないでいくのも良いですが、将来を見据えて転職フリーランスを検討していきましょう。

 

第2新卒で転職も有利

第2新卒で転職も有利

新卒1年目で辞めても、第2新卒と若さの特権があるので転職は有利な状態。無理して嫌な仕事を続けるよりも、第2新卒として扱われる間に転職してしまう方が良いです。

たとえ短い期間であっても、社会人になって仕事とお金を稼ぐことを経験しました。今度は学生時代とは違った観点で、企業や仕事を選ぶことができるはずです。

フリーランスという働き方も増えてきたので、若さを武器に挑戦してみるのもありかもしれません。

 

第2新卒とは

第2新卒の簡単な定義は以下のとおりで、転職にはかなり有利な状態です。

 

第2新卒とは

・大学 / 専門学校 / 短大 / 高校卒業から3年以内が目安

・企業は第2新卒の採用に積極的

・社会人経験がある点を評価される

 

一度社会に出ているため、最低限のビジネスマナーを習得している点が評価されます。社会人経験を積んだ分、応募する企業とのミスマッチが発生しづらい点は、企業側としてもメリットです。

現在の私は第2新卒の受け入れをする立場ですが、新卒よりも経験を積んでいる分、社会人としての立ち振る舞いや仕事に安定性を感じます。

 

 

経験を活かして次にチャレンジすべき

経験を活かして次にチャレンジすべき

社会人になったあなたは、たったの1年未満でも人生の中で最も濃い経験をしました。

次はこういう仕事がいいな」とか、逆に「こういう仕事は絶対嫌だな」とか。

実際に仕事を体験したことで、自分がやりたい仕事・やりたくない仕事に対するビジョンが、学生の頃と比べて明確になっているはず。その経験を活かして次に向けたチャレンジをしていくべきです。

 

最低3年は続けろという意見もあるけど…

最低3年は続けろ!」というような意見もあります。

たしかに大抵の場合は1年未満で専門スキルは身につきません。仕事にもよりますが、3年くらいの経験も大切だとは思います。

でも、何かしらの理由で辞めたいという状態で、仕事を続けていくのも良くありません。第2新卒と若さという最強の特権を放棄してまで、辞めたいと思う仕事に耐え続ける必要はないと考えます。

長い目で見ても、このタイミングで辞めるデメリットってほとんどありません。

 

まとめ:経験したことを転職や挑戦に活かす

新卒1年目で仕事を辞めたいと感じているなら、辞めてしまっても大丈夫という話でした。

どんな理由だったとしても辞めたいと思う仕事を続けるより、第2新卒と若さを武器に転職をしてしまった方が良いと考えます。短い期間でも有益な経験をしたと思うので、そこで学んだことを次の転職や挑戦に活かしていきましょう。

まだ次にやりたいことが見えないなら、IT業界への転職を検討するのもいいと思います。ITは今後も伸びる分野ですし、若手の人手不足から選考基準も緩和されています。

無理に我慢を続けたり、挫折感に絶望したりする必要はありません。むしろ仕事を選びなおすことで、やりたい仕事や自分にマッチした仕事が見つかることだってあると思います。

結局は自分の行動次第になってしまいますが、培った経験は少しでも明るい未来に繋げていきましょう。

人気記事IT未経験者向けの転職サイトと転職エージェント【おすすめ】

-仕事

Copyright© しろブログ , 2019 All Rights Reserved.