IT未経験の転職

IT未経験者の面接【よく聞かれる質問とアピールすること】

2019年12月27日

IT未経験者の面接【よく聞かれる質問とアピールすること】

悩みを抱える人
転職をしたいけど、IT未経験だから面接が不安…
何を質問されるんだろう?
どうアピールしていいかもわからない。

このような不安や疑問を解消する記事になります。

 

未経験からITエンジニアに転職をしたしろです。

現在はIT企業のマネージャーとして、採用に関わっています。

IT業界への転職経験と採用に携わる立場から、面接でよく聞かれる質問とアピールすることを解説します。

記事の内容

・IT未経験者の面接

・面接でよく聞かれる質問

・面接でアピールすること

面接でよく聞かれる質問を知れば、有効な対策を立てることができるため、良い結果に繋げることが可能です。

転職活動の成功に向けて準備を進めていきましょう。

しろ
面接前の不安も解消しますよ。

 

 

IT未経験者の面接

IT未経験者の面接

まずはIT未経験者が面接で重視されるポイントを知っておきましょう。

IT業界は実務経験とスキルが重視されますが、未経験者の場合は人物面意欲を重視します。

 

人物面を重視

面接ではあなたが一緒に働いていきたい人なのか、組織で上手くやっていける人なのかを見られます。

質問に対する回答内容というよりは、回答の仕方や会話のキャッチボールなど、コミュニケーションを意識することが大切です。

笑顔を心がけるだけでなく、質問内容の理解に努めた上で誠実な回答を意識しましょう。

 

意欲を重視

ITスキルに関する学習意欲を重視します。

すでにIT系の資格を取得していたり、学習を始めている実績は評価に繋がります。

キャリアプランなどの将来像も意欲として捉えられるため、事前に考えておくと良いでしょう。

将来のイメージがあり、そこに向けて学習や努力を開始しているところがポイントです。

しろ
未経験なので最初から完成された人は求めていません。今後どう成長していける人なのかを知りたいです。

 

面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問

未経験者の面接でよく聞かれる質問を紹介します。

質問の言葉は変わりますが、概ね以下で紹介する内容が多いです。

事前に回答をイメージしておくと、面接でもスムーズに答えることができるでしょう。

 

志望動機

志望動機を教えてください。

なぜIT業界・当社(弊社)を志望したのですか?

なぜエンジニアになりたいと思ったのですか?

面接の冒頭で良くある質問です。

IT業界に対する理解度が回答から見えてくるため、事前に業界・企業・エンジニアについて調べておきましょう。

とはいえ、職務経歴書に記入するはずなので、面接までに自然と準備はできていると思います。

志望動機については、志望動機の書き方と例文を紹介【未経験からIT業界への転職】を参考にしてください。

志望動機の書き方と例文を紹介【未経験からIT業界への転職】

IT未経験者向けの志望動機を紹介。未経験だとIT業界への志望動機って考えづらいですよね。ですが、実は書き方のポイントを知ると難しくはありません。志望動機は書類選考で重視される項目です。ポイントと例文を参考にして準備をしておきましょう。

続きを見る

 

自己PR

自己PRをお願いします。

あなたのアピールポイントを教えてください。

あなたの強みを教えてください。

自己PRは面接のメインテーマになるため、しっかり準備をしておきましょう。

企業の採用担当はあなたの強みから、採用のメリットを判断します。

まずは過去の経験と実績から、あなたの強みを見つけてください。

IT業界の仕事にどう強みを活かしていくのか、企業にどう貢献できるのかをアピールすることがポイントです。

自己PRについては、IT未経験者の自己PR【書き方と例文を採用担当が教えます】を参考してください。

IT未経験者の自己PR【書き方と例文を採用担当が教えます】
IT未経験者の自己PR【書き方と例文を採用担当が教えます】

採用に関わる経験から、IT未経験者向けに自己PRの書き方と例文を紹介。IT業界での経歴や実績がないため、未経験者は自己PRが重視されます。自己PRの書き方を知ることで、転職活動をスムーズに進められ、採用に向かって大きく前進できます。

続きを見る

 

長所と短所

長所と短所を教えてください。

あなたの長所はなんですか?

自分で短所だと思っているところはありますか?

どんな人物なのかを理解するための質問です。

あなたの面接での印象と比較されるので、素直に答えてしまった方が良いと思います。

ただ、「人と上手く付き合えません」などはかなり不利になるため、人間関係にかかる短所は控えた方が良いです。

しろ
短所を克服するために努力していることも伝えてみましょう。

 

キャリアプラン

将来のキャリアプランはありますか?

どんなエンジニアになりたいと考えていますか?

採用担当は成長意欲がある人物なのかを知りたいと考えています。

キャリアプランは大きく分けると、プロジェクトを管理するマネージャーと技術のスペシャリストです。

あなたがエンジニアデビューした後、目指していきたい方向性をアピールしましょう。

 

ITスキルの勉強

何かITスキルの勉強をしていますか?

IT系の資格は持っていますか?

ITスキルの学習状況からも意欲が伝わります。

プログラミングの学習を行っています / IT系の資格を取得しました、ということをアピールしましょう。

何かしら学習を開始していると良い印象を与えるので、資格を取得していなくても現在の学習状況を伝えると良いです。

関連記事

未経験からインフラエンジニアに!【資格は必要?いらない?】
インフラエンジニアになりたいIT未経験者におすすめの資格

未経験からインフラエンジニアになるために資格は必要?いらない?というお話です。インフラエンジニアに転職をする場合、必須ではありませんが資格を持っていると有利です。資格を持っている場合のメリットと、未経験者におすすめの資格を紹介します。

続きを見る

 

 

面接でアピールすること

面接でアピールすること

面接でアピールできると良い点を紹介します。

質問への回答に含めることができると、自然な形でアピールできるでしょう。

しろ
いずれも良い結果に繋がるポイントなので、意識してみてください。

 

リーダー経験をアピール

前職やアルバイトでリーダーのポジションを経験している場合は、積極的にアピールしましょう。

IT業界の仕事においても、プロジェクトやチームを取りまとめる人物の需要が大きいです。

回答に含めやすいのは、自己PRや長所に関する質問。

メンバーを取りまとめていたエピソードを具体例に、リーダーの経験をあなたの強みや長所としてアピールしていきましょう。

 

実績をアピール

営業職で売上を大幅に達成した、事務作業でミス0を達成した、難易度が高い資格を取得したなど…

ITに関係ない実績もアピールしていきましょう。

こちらもリーダー経験と同様に、自己PRや長所に関する質問でアピールしやすいです。

実績を上げるために苦労したことや、工夫したことを伝える点を意識してください。

しろ
あなたが目標に向かって努力できる人物だということがわかります。

 

学習状況をアピール

ITスキルの学習状況をアピールしてください。

資格取得が完了していなくても、学習を開始した実績で大丈夫です。

面接でも会話が広がっていく話題なので、面接対策に何かしら勉強を始めておくことをおすすめします。

何から勉強したらいいかわからない人は、未経験者は何から始めるべきか【ITエンジニアになるために】を参考にしてください。

未経験者は何から始めるべきか【ITエンジニアになるために】
IT未経験者は何から始めるべきか【エンジニアになるために】

「ITエンジニアになりたい!」と思っても、未経験だと何から始めたらいいかわからないですよね。転職の経験と採用に携わる立場から、未経験者がITエンジニアになるために何から始めたらいいかを解説します。効率よく転職活動を進めていきましょう。

続きを見る

 

まとめ:よく聞かれる質問の答えを考えておく

IT未経験者が面接でよく聞かれる質問とアピールすることをお話しました。

未経験者は実務経験とITスキルがないため、人物面と意欲が重視されます。

志望動機・自己PR・キャリアプランなど、よく聞かれる質問に対しては事前に答えを考えておくと良いです。

質問に答えるときは、あなたの経験・実績・学習状況を含めてアピールポイントに繋げていきましょう。

面接まで到達していれば、ITエンジニアのデビューまでもう少しです。

将来に向けた行動を止めずに頑張っていきましょう。

-IT未経験の転職

Copyright© しろブログ , 2020 All Rights Reserved.