日々の感動を共有し、お困りごとを一緒に解決

AZALIFE

仕事

ITインフラエンジニアへ転職を考える人へ【オタクがイキれる職種】

更新日:

パソコン画面を見て喜ぶ子供

 

少々過激なタイトルにしましたが、オタクがイキれる職種という部分は事実です。

その部分も含めて、長年IT業界で働く経験から「ITインフラエンジニア」のお仕事と向いている人の特徴を紹介します。

現場マネージャーの立場で採用面接も行っているため、未経験の人でも面接で好印象となるポイントも教えちゃいます。

 

この記事はこんな人にオススメ

・IT業界への就職や転職を考えている人

・ITインフラエンジニアの仕事に興味がある人

・安定した仕事に興味がある人

 

経験がない方へ向けた記事となります。

IT業界へ興味があったり、就職や転職を検討している方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ITインフラエンジニアとは

オフィス内のパソコン

 

ITインフラの「インフラ」とは「基盤」や「土台」を意味し、実社会では水道・ガス・電気などを供給する施設を指します。

今ではなくてはならないITサービス。

ITインフラエンジニアとは、ITサービスを利用する上で必要な「サーバ」 / 「ネットワーク」などの「ITインフラ」を導入・維持するお仕事です。

 

ITインフラエンジニアの安定性

水道やガス、電気を供給するお仕事は安定していると思いますか?

「イエス」ですよね。

今後も発展していくであろうIT業界。

ITに必要な「ITインフラ」に関わるお仕事は安定が望めます。

最近注目されている「プログラミング」も「ITインフラ」という土台があってのお仕事です。

この2つの職種が揃わないとITサービスは成り立ちません。

 

ITインフラエンジニアのお仕事

実際に行う業務は以下になります。

上に挙げられているもの程、「上流工程」と呼ばれる業務です。

 

要件定義

ユーザーの要望を実現するために、どのようなシステムを構築していくか決めます。

設計

使用する機器や機器の設定値、どうやって運用していくかを決めます。

設計という言葉にピンとこない人は「要望を叶えるために考えること」とイメージしてください。

構築

設計業務で作成した設計書に従って、機器の設定を行います。

テスト

設定された機器および複数の機器によって構成されるシステムが想定どおりに動作するかを試験します。

運用

リリースされた(実際にユーザーが使うことになった)システムが正常稼働を続けていくように監視やメンテナンスを行っていきます。

 

運用やテストからエントリーし、経験を積んでいきながら構築→設計→要件定義の業務に携わっていくのが一般的です。

実際にシステムを導入する流れとエンジニアのキャリアアップは逆の流れになります。

 

ITインフラエンジニアのキャリアプラン

キャリアプランとしては以下が挙げられます。

 

マネージャー(管理職)

プロジェクトやエンジニア(人)を管理していきます。

一般的なお仕事のマネージャー(管理職)とほぼ同じ業務です。

 

技術スペシャリスト

IT製品の技術・知識・経験が深いスペシャリストです。

技術的な観点から、システム導入の課題や運用で発生したトラブルを最前線で解決していきます。

 

ITコンサルタント

企業が抱える課題や問題をITサービスで改善する提案を行います。

キャリアプランの中でも高収入が望める職種です。

 

尚、ITインフラエンジニアもプログラミングには携わるため、プログラマーへの転身も可能です。

実際にITインフラエンジニア⇔プログラマーの転身は良くあるケースです。

最近ではインフラとプログラミングのスキルが両方備わっているエンジニアは非常に重宝されます。

 

業界の特色

1つお伝えしておきたい業界の特色として、客先での常駐勤務が多いです。

お客さんが働くビルで一緒に勤務し、先に挙げたシステムに関連する業務に携わります。

プロジェクトの期間にもよりますが、長い場合は数年、短い場合は数ヵ月で現場をローテーションしていきます。

 

常にお客さんの近くで仕事をするため、プレッシャーやストレスは抱えることになります。

1つの職場で腰を据えて働くことができないのは、人によってはデメリットかもしれません。

ただ、上手くいかないことがあっても職(収入)を失わずに現場(環境)を変えやすいです。

一般の職業では異動が難しい場合もある中でこれはメリットだと思います。

 

スポンサーリンク

ITインフラエンジニアに向いている人

自宅でパソコンを使う人

 

ITインフラエンジニアに向いている人の特徴を紹介します。

実績を挙げているエンジニアは、以下で紹介する特徴・強みを持っている人が多いです。

 

パソコンなどのIT製品が大好きな人

趣味で自作のパソコンを組み立てたりしている人は向いています。

冒頭でも挙げましたが、普段から好きでパソコンをいじっている人には天職です。

趣味とお仕事を兼ねられる点は一石二鳥で、好きなことをやりながら自然とスキルアップしていくことができます。

豊富な知識で製品の設計やトラブルの解決に貢献できるようになるため、現場でもどんどん頼りにされる存在になっていきます。

 

詳しくは後述しますが、ITインフラエンジニアにはコミュニケーション力と営業力も求められます。

ただ、技術力が高い人はそれらの部分が多少欠けていても一定の地位を確保することができるのです。

ていうか、コミュ障でも自分が好きなことについては沢山話せますよね。

やっぱり好きなことを仕事にできるのは良いと思います。

 

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人は活躍できます。

業界に入ってくる人で実際に多いのが、「ただパソコンを触っていればいいんだ」というイメージを持っている人です。

完全に間違っているので、そのイメージは捨ててください。

業務の中で打ち合わせや直接の会話、電話、メールなど…人との関わり合いは沢山あります。

お客さんや他の会社の人たちと同じ場所で働くため、それなりのコミュニケーション能力も求められます。

 

また、常駐が多いITエンジニア業界は「人(エンジニア)」を売る商売という一面があります。

担当の営業も付きますが、実態は現場でお客さんと一緒に働くエンジニアたちが現場営業を行っているケースがほとんどです。

この点でもコミュニケーション能力が高い人は力を発揮できます。

たとえ技術がほとんどなくても人と上手くやっていける力があれば、活躍していくことができます。

技術も大事ではありますが、コミュニケーションを武器にできる人の方が最終到達点は上です。

 

スポンサーリンク

未経験でも面接で好印象になるアピールポイント

握手をする人たち

 

IT業界は全体的に人手不足のため、未経験でも転職のチャンスはあります。

未経験の方でも好印象となるアピールポイントは以下のとおりです。

 

パソコンの知識と関心

(例)パーツを購入し、自作でパソコンを組み立てたことがある。

趣味でパソコンを組み立て・カスタマイズした経験がある人はアピールしてください。

ゲーム用PCでも全く問題ありません。

また、パソコンの調子が悪い時にインターネットで調べて、不調を解消した経験も高評価です。

具体的な不調内容とどう対応したのかをまとめておいてください。

 

プログラミングの経験

(例)学生時代にプログラミングを学んでいて、簡単なプログラムを作成した経験がある。

実際に使っていた言語や作成したプログラムの内容を伝えてください。

どんな簡単なものでも良いです。

 

リーダー経験

(例)バイトリーダーやサークルの会長として、人を取りまとめたリーダー経験がある。

新人に業務を教えた経験やまとめ役となった経験をアピールしてください。

幅広い年代の人たちとコミュニケーションを取りながら仕事を進めた経験なども良いです。

 

IT系のスクールに通った経験

(例)業務経験はないが、IT系のスクールやオンライン講座を受講した経験がある。

これは当然強いです。

スクールやオンラインで勉強したのであれば、意気込みが伝わってきます。

また、実務経験がなくても「〇〇という製品の講座を受けました」と話すだけで会話になります。

 

面接での注意点

IT業界では面接に現場のマネージャーが同席することが多いです。

嘘の知識や経験は多分見透かされるので等身大で臨みましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:IT業界は今後も成長、有用なスキルを蓄えながら仕事ができる

ITインフラエンジニアのお仕事と向いている人の特徴を紹介しました。

IT業界は今後も成長が望めるので安定が見込めます。

 

ちなみに職種としてはプログラマーも同じくらいオススメです。

ただプログラマーの場合、新卒 / 第二新卒以外の未経験者はスクールや独学で学んだ経験があると良いかもしれません。

もちろんインフラエンジニアもスクールや独学の経験がある方が良いです。

最近ではオンラインで学べるスクールもあります。

【ITCEアカデミー】無料カウンセリング参加

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

 

個人のスキルが重要視されていく流れはますます加速していくことでしょう。

そんな中でお給料を貰いながら、有用なスキルを磨いていけるのは非常に良い点だと思います。

ITに興味がある人だけでなく、特にやりたいことがない人でも、今後を考えるとオススメはIT業界一択です。

スポンサーリンク

-仕事

Copyright© AZALIFE , 2019 All Rights Reserved.