IT未経験の転職

IT未経験者の自己PR【書き方と例文を採用担当が教えます】

IT未経験者の自己PR【書き方と例文を採用担当が教えます】

悩みを抱える人
未経験でIT業界に転職したいけど、自己PRが思い浮かばない。
自己PRはどんな感じで書けばいいのだろう?
自己PRの書き方や例文を教えて欲しい。

このような悩みを解決する記事になります。

 

未経験からIT業界に転職したしろです。

IT企業のマネージャーとして、採用に携わっています。

IT業界に転職しようと思っても、自己PRに頭を悩ませる未経験者は多いです。

私も転職活動に挑んでいたときは、書き方がわからず苦しんでいました。

採用に関わっている立場と経験から、自己PRの書き方と例文を紹介します。

記事の内容

・IT未経験者の自己PR

・自己PRの書き方

・自己PRの例文

自己PRの書き方を知ることで、転職活動をスムーズに進められるようになり、採用に向かって大きく前進します。

IT未経験者の自己PRは採用で重視されるため、準備は怠らない方が良いです。

しろ
最初は難しいと思うので、一緒に考えてみましょう。

 

 

IT未経験者の自己PR

IT未経験者の自己PR

企業はあなたの自己PRから、採用したときのメリットを判断します。

志望動機ではIT業界・企業・希望職種に対する理解度や適性を見ますが、自己PRではあなたの強みや人物面から採用のメリットを見出します。

志望動機については、志望動機の書き方と例文を紹介【未経験からIT業界への転職】を参考にしてください。

志望動機の書き方と例文を紹介【未経験からIT業界への転職】

IT未経験者向けの志望動機を紹介。未経験だとIT業界への志望動機って考えづらいですよね。ですが、実は書き方のポイントを知ると難しくはありません。志望動機は書類選考で重視される項目です。ポイントと例文を参考にして準備をしておきましょう。

続きを見る

 

未経験者の自己PRは特に大事

未経験者はITスキルや業界での実績を持ち合わせていない分、経験者よりも自己PRを重視されます。

企業もあなたの強み・意欲・人物面でしか採用の判断ができません。

職務経歴書や面接で、あなたと一緒に働きたいと思わせるアピールが必要です。

 

事実と違う自己PRはやめた方がいい

おそらくバレてしまうので、事実と違う内容はやめておいた方が良いです。

職務経歴書の自己PR欄は文面でしか判断できませんが、面接の場はあなたの自己PRが話題の中心になります。

みんなのまとめ役でコミュ力が強みです!」とアピールしても、面接のあなたから強みが感じ取れない場合は、残念な印象を抱いてしまいます。

無理に自分を大きく見せようとしたり、浅い知識で専門用語を連発することも同様です。

しろ
ビジネスは信頼が大切なので、相手が不安や疑問を感じてしまうような内容は避けましょう。

 

自己PRの書き方とポイント

自己PRの書き方とポイント

自己PRの書き方とポイントを紹介します。

いきなり書き出すのではなく、自己分析・企業分析をした上で書いていきましょう。

以下のポイントを考え、自己PRに必要な材料を揃えていきます。

・過去の経験から自分の強みを知る

・企業が求める人物像を把握する

・あなたを採用するメリットを考える

 

過去の経験から自分の強みを知る

まずは過去の経験や前職での実績を思い出してみます。

あなたが経験した成功から強みを発掘していきましょう。

・前職やアルバイトで、幅広い年代と円滑に仕事を進めた経験があるのなら、あなたの強みはコミュケーション能力です。

・後輩の教育係や勉強会を任された経験があれば、あなたの強みは人に分かりやすく説明できる能力です。

・自発的に勉強して、将来に向けた資格を取得した経験があれば、あなたの強みは学習意欲です。

・友人からパソコンの不具合を相談されて解決してあげた経験があれば、あなたの強みは問題を解決する能力です。

しろ
こんな感じで過去の経験を思い出して、あなたの特徴を探してみます。

 

IT業界・企業が求める人物像を把握する

次にIT業界や企業が求める人物像を考えます。

あなたの強みが求める人物像に合致していると、採用担当は適性がある人物だと判断できます。

企業の求人情報やホームページを読み込んで、企業が求める人物像を探してください。

あなたの強みと求める人物像に合致している点があれば、自己PRとして積極的にアピールしていきましょう。

IT業界が求める人物像

・コミュニケーション能力がある人:チームで仕事をするため

・学習意欲がある人:技術の移り変わりが早く、新しいスキルを学んでいく必要があるため

・問題解決能力がある人:システムの導入や維持では問題が発生しまくるため

しろ
あなたの強みが人物像に合致しない場合は、無理に寄せなくても大丈夫です。

 

あなたを採用するメリットを考える

最後にあなたが強みを活かして、将来やっていきたいことをアピールしましょう。

企業に採用した際のメリットをイメージさせるのがポイント。

企業のメリットを考えるのが難しければ、やりたいことだけでも大丈夫です。

・コミュニケーション能力を活かして、お客様やチームメンバーと良好な関係を築き上げ、プロジェクトの成功に貢献したい。

・独学で○○資格を取得した経験を活かし、今後も新しいスキルの習得に励みながら、技術力があるエンジニアとして活躍していきたい。

 

 

自己PRの例文

自己PRの例文

自己PRの例文を紹介します。

先程お伝えしたとおり、自己PRは面接でのあなたの印象と比較されます

アピールした内容と、実際のあなたの印象に違和感があると、残念な結果が訪れることも…

あなたが自分自身の強みを理解し、アピールしていくことが転職活動を成功させるポイントです。

しろ
これまでの経験や実績は人それぞれ異なります。

 

前職の経験と強みを示す

私の強みはコミュニケーション能力です。

コミュニケーションの場を多く持ち、人の話をよく聞いた上で、自分の意見も理解してもらえるように努めています。

前職の営業ではコミュニケーション能力を評価され、入社後の早い段階で複数のお客様の担当を任されました。

それぞれのお客様と話す機会を積極的に作り上げ、売上目標の大幅な達成に繋げています。

これまでの経験で培ってきたコミュニケーション能力を活かし、貴社が進めるプロジェクトが円滑に進むよう、お客様とメンバーとの良好な関係を築き上げていきます。

しろ
強みが評価されたり、実績に繋がったエピソードがあると良いです。

 

学習意欲を示す

IT業界に興味があり、スクールに通って○○資格を取得しました。

学習時間の確保に苦しみましたが、計画的に学習を進め、3ヶ月で資格を取得することができました。

資格取得に伴って、IT業界への関心がさらに高まり、現在は独学でプログラミングを学んでいます。

今後もITスキルの習得に励み、○○と○○の言語を習得したエンジニアを目指していきます。

高い技術力を持ったエンジニアとして、貴社のシステム開発を牽引する存在になりたいと考えています。

しろ
資格や言語は企業が力を入れている分野だと良いです。

求人情報やホームページをチェックしましょう。

 

自己PRの注意点

自己PRに正解はありません。

いくら企業が求める人物像に寄せても、あなたの印象と違う場合は有効なアピールポイントにならないのです。

自己PRの内容とあなたの印象のズレを防ぐためには、客観的な意見も大切になります。

転職エージェントからアドバイスをもらうのも良いでしょう。

未経験者におすすめの転職エージェントは、IT未経験者向けの転職サイトと転職エージェント【おすすめ】で紹介しています。

IT未経験者向けの転職サイトと転職エージェント【おすすめ】
IT未経験者向けの転職サイトと転職エージェント【おすすめ】

IT企業のマネージャーとして、第2新卒や中途採用の2次面接に携わっています。自身もIT未経験からの中途入社です。未経験から転職した経験と、現在採用に携わっている立場から、IT未経験者におすすめの転職エージェントを紹介します。

続きを見る

 

まとめ:未経験者は自己PRが重視される

IT未経験者向けに自己PRの書き方と例文を紹介しました。

IT業界での経歴や実績がないため、未経験者は自己PRが重視されます。

まずはこれまでの経験を振り返り、あなたの強みを発掘しましょう。

求人情報やホームページをチェックすることで、企業が求める人物像を把握しておくことも大切。

自己PRと面接での印象にギャップがあると、採用担当を不安にさせてしまうので、転職エージェントから客観的なアドバイスをもらうのも有効です。

自己PRが完成すれば、面接の雰囲気作りにもなるので、そのまま転職活動を駆け抜けていきましょう。

-IT未経験の転職

Copyright© しろブログ , 2020 All Rights Reserved.