生活

プレ幼稚園は行くべき?【いつから?メリットは?ママに聞いてみた】

2019年5月26日

子どもという文字

 

プレ幼稚園には行くべき?子どもが泣かないか、ママ友との付き合いは大丈夫か…心配なことがいっぱい。プレ幼稚園に行った方が良い理由を知りたい。

 

こんにちは、しろ(@azarashi0706)です!

上記の疑問を3つのプレ幼稚園をかけ持ちしていた我が家のしろママに聞いてみました。

通う前や通わせている間は夫婦で悩んだこともありましたが、最終的にはプレ幼稚園に通って良かったなと思っています。

それぞれの園の特徴を知ることができ、「この幼稚園に入園しよう」と決めることができました。

 

この記事の内容

・プレ幼稚園とは

・プレ幼稚園のメリット/デメリット

・プレ幼稚園に通ってみた感想

 

キレイなことだけでなく、私たちが実際に悩んだことなども正直にお話しします。

これからプレ幼稚園に行くことを検討している人、現在プレ幼稚園に行って悩んでいる人。

私たち夫婦の経験が少しでも役に立てば幸いです。

 

 

プレ幼稚園とは

幼稚園の子どもたち

 

プレ幼稚園は入園前に幼稚園での生活が体験できる取り組みです。

簡単に言ってしまうと「お試し幼稚園」になるでしょうか。

内容や費用などをお話しします。

 

プレ幼稚園はいつから?

一般的には3歳になる年の4月からが多いみたいです。

基本は「入園する1年前から体験入園を始めてみましょう」というコンセプトですね。

幼稚園によって異なりますが、頻度や時間については「週1回、1時間程度」でした。

体験ということで毎日通うことはありません。

 

尚、プレ幼稚園に参加するためには願書による申し込みが必要です。

人気があって先着順の園になると願書の提出で夜中から並びます。

 

実際に私たちは深夜1時から朝8時まで交替で並びました(泣)

 

プレ幼稚園の費用

私たちが通った幼稚園では月「500円~3,000円」の範囲でした。

これは東京都内杉並区の幼稚園における金額です。

10,000円程度の月謝になる私立の幼稚園もあると聞いたことがあります。

 

プレ幼稚園でやること

プレ幼稚園では年間を通して一定のプログラムが組まれています。

自由に遊ぶ時間もありますが、集団で取り組むイベントに子どもが参加するスタイルが多いです。

 

プレ幼稚園でやったこと

・手遊び

・工作

・リズムに乗って体を動かす

 

上記の取り組みがほとんどですが、施設やおもちゃで延々と自由遊びをする園もありました。

園によっての特徴が出るところなので、今後の入園の検討材料にすると良いと思います。

 

プレ幼稚園の持ち物や服装

幼稚園からの指定はありませんでしたが、子どもは動きやすい服装がベストです。

ママもイベントに参加することがあるので、カジュアルな服装で行きましょう。

 

持ち物に関しては普段お出かけするときに持参する持ち物で大丈夫です。

着替えや飲み物、ウェットティッシュ、必要ならオムツ…

他に園からの指定がある場合は指示に従いましょう。

 

履きが必要な場合もあるかもしれません。私たちが通った園では不要でした。

 

プレ幼稚園のメリット/デメリット

積み木を積む子ども

 

プレ幼稚園に通って感じたメリットとデメリットをお話しします。

メリットの方が沢山ですが、気持ちに負荷がかかった部分もあるのでそこは正直にお伝えします。

 

プレ幼稚園のメリット

プレ幼稚園のメリットには以下があります。

 

プレ幼稚園のメリット

・子どもが集団生活を体験できる

・入園前に幼稚園の雰囲気を知ることができる

・ママ友と情報交換ができる

・幼稚園入園が有利になる

 

ずっとママと一緒が多かった子どもが初めて集団生活を体験する場になります。

お友だちができるかもしれませんし、みんなで遊ぶ楽しさを感じることもできるでしょう。

 

また、入園前に幼稚園の雰囲気を知ることができます。

幼稚園ってそれぞれ特色がありますが、実際に通うことでその特色を知れることは非常に有益です。

先生やママたちの雰囲気が子どもやママに合うかを考えてみましょう。

 

ママ友との情報交換もメリットの1つです。

幼稚園や小学校の評判ってネットにあまりないので、ママ友から貴重な情報を教えてもらうことができます。

おそらくママ友との付き合いに不安を抱くと思いますが、案外普通に仲良くなれる人が多い印象ですよ。

 

大きなメリットとして、幼稚園の入園が有利になります。

もちろんプレ幼稚園中に大きな問題を起こさないことが前提ですが…

いずれの幼稚園でもプレに通っていた子どもたちはほとんど合格していました。

 

プレ幼稚園のデメリット

プレ幼稚園のデメリットとしては、以下のようなものがあります。

 

プレ幼稚園のデメリット

・子どもとママにストレスがかかる

・子どもの成長差に余計な心配をしてしまう

 

行くことを嫌がったり園で泣いてしまったりすることもあります。

毎日ではないにしろ子どもやママのストレスになります。

話を聞くことでパパも仕事以外に考えることが増えるでしょう。

 

「みんなができていることなのにうちの子はできない」

初めて目の当たりにすることかもしれません。

正直ショックな出来事で悩むパパママも少なくないかと思います。

 

みんなが輪になって踊る中、娘は1人で泣いて踊れなかったことがあります。

 

いずれも遅かれ早かれ乗り越えないといけないことですが、子どもの成長度合い的に入園後よりも大変に感じる部分はあるかもしれません。

ただ、2歳~3歳の子どもにとっては数ヶ月の差でも成長度合いに大きな差があります。

生まれた時期やお兄ちゃん・お姉ちゃんがいるかでも全然変わってきます。

 

あまり深く悩み過ぎず、子どもの成長を見守りましょう!!

 

 

まとめ:プレ幼稚園には行った方がいい!メリットがいっぱい!

プレ幼稚園に実際に通ってみて感じたことを紹介しました。

不安なことはあるかもしれませんが、プレ幼稚園は行った方がいいと思います。

メリットの方がいっぱいで、子どもだけでなく親にとっても非常に良い経験になります。

 

親の繋がりも広がるので、同じような悩みを持つ人や子育ての先輩から貴重な話を聞くことができるようになります。

パパとしては子どもがプレ幼稚園で上手くいかないことがあると、その場にいるママの気持ちを考えて心苦しくなることもありました。

そんな中で「うちの上の子はプレを脱走したことあるから~」とママ友から聞いて、夫婦で心が軽くなった経験があります。

 

プレ幼稚園に行くことで得られることはいっぱいなので、多少の不安があっても踏み出してみましょう。

きっと子どもやママに合った幼稚園を見つけることができますよ。

プレなので失敗してもいいんです。へっちゃらですから。

 

最後にオススメの本を紹介します。

子育てアルアルで楽しい気持ちに切り替えられるマンガになります。

子育てって沢山悩むけど、それ以上に楽しいこともいっぱいです。

パパママにぜひ読んでもらいたいです。

 

【ランキングに参加しています】

よろしければ、クリックのご協力をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

-生活

Copyright© しろブログ , 2019 All Rights Reserved.