呼び止めたのはボク、その相手はキミ

しろブログ

WORK

留年したら就活はどうなる?【面接で不利にならない留年の理由】

投稿日:2019年4月5日 更新日:

留年したら就活はどうなる?【面接で不利にならない留年の理由】

 

こんにちは、しろ(@azarashi0706)です。

 

本記事は大学で留年をしてしまい、就活に向けて悩みを抱える人向けの記事です。

実際に留年をした私の実体験を元に「面接で答えた留年の理由」を中心にお話しします。

ちなみに私が留年した理由はサークル・バイト・ゲームに夢中で授業をサボり、単位が不足したカスだからです。

 

こんな人におすすめ

留年をしてしまったが就職できるか不安を抱いている人

就活の面接でどのように留年の理由を言えばいいのか分からない人

留年がその後の人生にどう響いていくのか不安な人

 

現在の私はIT業界の企業でグループのマネジメントに携わるポジションです。

現場マネージャーとして、採用の一次または二次面接で面接官を担当することがあるため、採用側の立場からも面接で有用なアドバイスができると思います。

 

 

留年したら就活はどうなる?【面接で不利にならない留年の理由】

留年したら就活はどうなる?

結論から言うと、就職はできますし、就活の面接におけるデメリットはほとんどありません

私自身は自業自得の理由で留年しましたが、当時ネット上のネガティブな意見を信じ込み、大きな不安を抱いていました。

留年に対するネット上の意見

「留年したら、まともな企業に就職できない」

「留年は選考で大きなマイナス」

「人生終わり」

 

これらの意見を受けて、必要以上に不安を抱く必要はありません。

私自身がそうであるように留年をしても就職できます。

 

その後の人生でも特にデメリットは感じていません。

転職もしましたし、結婚して家族との生活に幸せを感じています。

ただし、私と似た理由の場合はきちんと反省していることが大前提です。

 

就活面接で答える留年の理由

就活面接で答える留年の理由

 

「就活の面接で留年について聞かれるのか?」

 

ここが気になるところだと思います。

「聞かれることもあるし、聞かれないこともある」というのが私の経験です。

新卒の就職面接では学生時代の経験が話題のメインとなるため、留年の理由を聞かれることはあります。

あらかじめ留年の理由を用意しておく方が良いでしょう。

転職の面接では前職の経験が大事なので、留年について聞かれることはほぼありません。

 

留年の理由は正直に答える

面接で留年の理由を聞かれたら、私は正直に答えました。(ゲームに夢中以外

面接の雰囲気が悪くなったことや詰められたりしたことはありませんし、実際に内定を獲得しました。

 

サークルとバイトに夢中になった結果、単位が足りずに留年しました。自身の勉強不足と努力不足で親に迷惑をかけたので反省しています。

 

「会社を立ち上げた」「高難易度の資格取得を優先した」とかイケてる理由ならそのまま言えちゃいますが、私のように甘えた理由でも基本は正直に答えるで良いです。

また、無理に取り繕っても面接官にバレるか疑われてしまいます。

 

留年をどうリカバリーしたかアピールする

採用する立場の意見として、留年したことよりもその後の努力の方が圧倒的に大切です。

あなたが留年をリカバリーするために頑張ったことを教えてください。

 

アピールポイント

「単位取得を最優先にしながら、学費をアルバイトで稼ぎました」

「留年後の1年は取得可能な上限まで単位を取得しました」

「単位取得は苦手でしたが、サークルの会長とバイトリーダーを務めていました」

 

こういったアピールができれば良いのではないでしょうか。

面接官としてはあなたが留年した事実や理由よりも、その後の努力の方が気になります

留年のことを聞かれるのはある意味チャンスなのでアピールポイントに繋げていきましょう。

そもそもリカバリーしているから面接の場に来ているわけですからね。

 

面接における基本的な部分も大切

好印象なんだけど、留年してるから落とそう」なんてことはありません。

面接では留年のことを聞かれたときの準備だけでなく、基本的な部分も大切になることを忘れないでください。

 

面接の基本ポイント

・明るく元気な印象

・質問に対する正確な答え

・清潔感

・やる気

 

留年していても留年していなくても、面接で最も重要なのは人間性の部分です。

基本ポイントを徹底した上で留年についての最低限の答えを準備しましょう。

 

 

まとめ:反省していないとできないこと

留年した人の就活面接」について、お話をしました。

伝えたいことをまとめると以下になります。

 

記事のまとめ

・留年しても就職はできる

・就活面接では留年についての答えは準備しておく

・留年の理由は正直に答えるでOK

・留年後の努力をアピールする

・留年だけでは人生終わりません

 

正直に答える」、「努力をアピール」はきちんと反省していないとできないことです。

これができれば、自然と就活の結果は付いてきます。

この記事がみなさんの不安を解消し、前向きな挑戦へのきっかけとなれば幸いです。

 

就職後の新卒社員向けの「新入社員に伝えたいこと【心得はたった1つだけ/悩みを解消】」も合わせてご覧になってみてください。

新入社員に伝えたいこと【心得はたった1つだけ/悩みを解消】
新入社員に伝えたいこと【心得はたった1つだけ/悩みを解消】

続きを見る

-WORK

Copyright© しろブログ , 2019 All Rights Reserved.