IT未経験の転職

IT未経験でも第二新卒は転職で有利【エンジニアになれる】

IT未経験でも第二新卒は転職で有利【エンジニアになれる】

悩みを抱える人
IT未経験の第二新卒でもエンジニアになれるのかな?
第二新卒は転職で有利って聞くけど本当?
第二新卒の転職で気をつけた方が良いことも教えて欲しい。

このような疑問を解決する記事になります。

 

第二新卒の未経験からITエンジニアに転職をしたしろです。

現在はIT企業のマネージャーとして、採用に関わっています。

転職の経験と採用に携わる立場から、「IT未経験でも第二新卒は転職に有利」ということをお話します。

記事の内容

・IT未経験でも第二新卒は転職で有利

・第二新卒は転職活動を優先して進めるべき

・第二新卒の転職を成功させるために

第二新卒が転職で有利な理由を知れば、転職活動に対する不安も解消されます。

ITエンジニアへ積極的に挑戦できるようになりますよ。

IT業界の仕事に興味がある第二新卒の方に参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 

IT未経験でも第二新卒は転職で有利

IT未経験でも第二新卒は転職で有利

私の経験とIT業界の将来性から、第二新卒におすすめできるIT業界についての話をしていきます。

ただし、第二新卒が転職で有利なのはIT業界に限った話ではありません。

現在の仕事に不安を抱いているなら、IT業界に限らず次のチャレンジをした方が良いです。

関連記事

新卒1年目で仕事を辞めたい人【第2新卒と若さで転職も有利】
新卒1年目で仕事を辞めたい人【第2新卒と若さで転職も有利】

新卒1年目で仕事を辞めたいと感じているなら、辞めてしまっても大丈夫。辞めたいと感じる仕事を続けるより、第2新卒と若さを武器に転職してしまった方が良いです。短い期間でも有益な経験をしているので、学んだことを転職や挑戦に活かしていきましょう。

続きを見る

 

第二新卒とは

学校を卒業してから3年以内の応募者を第二新卒として取り扱います。

第二新卒の採用は国が奨励し、求人を出して採用した企業には奨励金が出ます。

奨励金や若手育成の観点から、企業は第二新卒の採用に積極的です。

 

IT業界は人手不足

IT業界では人手不足が続いているため、どこも案件の数に対して人の手が足りていない状況です。

全体的に採用に力を入れている企業が多く、第二新卒に対しては長期育成を視野に入れた採用を行っています。

IT業界では実務経験や専門スキルを重視しますが、第二新卒は新卒と同様に経験やスキルが求められません。

人物面やポテンシャル重視になるため、採用のハードルが高い企業にも今までのキャリアを気にせず挑戦することが可能です。

 

社会人を経験している

転職活動に有利な直接の理由ではありませんが、社会人になって仕事をした経験は第二新卒の転職にも活かせます。

実際に就職をして仕事をした経験から、企業が求める人材について、学生の頃よりもイメージしやすくなっていると思います。

転職活動も流れは就職活動と同じですし、それほど時間が起っていないので取り組みやすいはずです。

以前の履歴書に就職後の実績とIT業界への意欲を追加するだけで、転職活動を進めていくことができます。

関連記事

未経験者は何から始めるべきか【ITエンジニアになるために】
IT未経験者は何から始めるべきか【エンジニアになるために】

「ITエンジニアになりたい!」と思っても、未経験だと何から始めたらいいかわからないですよね。転職の経験と採用に携わる立場から、未経験者がITエンジニアになるために何から始めたらいいかを解説します。効率よく転職活動を進めていきましょう。

続きを見る

 

転職活動を優先して進めるべき

転職活動を優先して進めるべき

第二新卒は新卒に近いレベルで転職活動に有利なので、ITスキルの勉強よりも転職活動を優先して進めていくべきです。

ITスキルの習得よりも、第二新卒でいられる時間を大切にしましょう。

 

悩んでいる間に第二新卒から外れる

転職活動に踏み切るのは、なかなか難しいと思います。

ですが、悩んでいる間にも時間は進んでいってしまいます。

いざ転職活動に挑戦しようとしたときに、第二新卒の枠から外れていると非常にもったいないです。

第二新卒でなくなると、前職での実績や専門スキルの習得状況を求められるようになってきます。

年齢を重ねている程、企業が求めるハードルは高くなるので、第二新卒の年齢内で転職活動を始めましょう

 

ITスキルの勉強は後回しで良い

ITスキルの勉強も後回しで良いです。

転職活動を始めた後にプログラミングや資格の学習を開始して、書類や面接で学習状況を伝えられる程度で問題ありません。

勉強や資格取得は時間がかかるため、満足いく状態を目指している間に第二新卒が終わっている可能性もあります。

IT業界の仕事は資格よりも実務経験の方が役に立ちます。

これはSE(システムエンジニア)でもプログラマーでもインフラエンジニアでも変わりません。

まずは転職活動を推進し、ITスキルの勉強は転職活動を始めた後に進めていきましょう。

 

転職エージェントを利用する

第二新卒の転職活動でも、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

登録した後はメールを待ちながら、面接での話題に挙げられるようITスキルの勉強を始めると良いです。

非公開の求人も取り扱っていますし、エージェントも可能性のある第二新卒に力を入れてくれます。

無料で転職活動を支援してくれるサービスなので使わないと損です。

未経験者向けの転職エージェントは、IT未経験者向けの転職エージェント【今の仕事は変えられる】で紹介しています。

IT未経験者向けの転職サイトと転職エージェント【おすすめ】
IT未経験者向けの転職サイトと転職エージェント【おすすめ】

IT企業のマネージャーとして、第2新卒や中途採用の2次面接に携わっています。自身もIT未経験からの中途入社です。未経験から転職した経験と、現在採用に携わっている立場から、IT未経験者におすすめの転職エージェントを紹介します。

続きを見る

 

 

第二新卒の転職を成功させるために

第二新卒の転職を成功させるために

第二新卒の転職を成功させるポイントを紹介します。

これまでの仕事の経験を振り返って、応募する企業を決めていきましょう。

面接ではやる気と意欲をアピールできると良いです。

 

仕事の経験を振り返る

こういう仕事がいいな、こんな仕事は嫌だな…

社会人になって、学生の頃よりも仕事に対するイメージが明確になったと思います。

これまでの経験を振り返って、あなたがいいなと思う仕事を考えてみましょう。

IT業界にもプログラマー・SE・インフラエンジニアといった様々な職種があります。

仕事内容や企業を分析して、あなたの経験からやりたいと思える仕事を目指していくと良いです。

関連記事

ITインフラエンジニアに向いてる人【オタクがイキれる仕事】
ITインフラエンジニアに向いてる人【オタクがイキれる仕事】

ITインフラエンジニアの仕事と向いてる人の特徴を紹介します。ITサービスに必要なインフラ(サーバー / ネットワーク / パソコン)を支えるお仕事。パソコン好きな人は、趣味と仕事がリンクしてスキルが高まるので、天職ともいえる職業です。

続きを見る

 

やる気と意欲をアピール

面接ではやる気意欲をアピールしていきましょう。

IT未経験の場合は経験とスキルがないため、人物面が重視されます。

将来のキャリアプランやITスキルの学習状況を面接でアピールすると、若さを活かしたやる気と意欲を伝えることができます。

面接の対策については、IT未経験者の面接【よく聞かれる質問とアピールすること】を参考にしてください。

IT未経験者の面接【よく聞かれる質問とアピールすること】
IT未経験者の面接【よく聞かれる質問とアピールすること】

IT業界への転職経験と採用に携わる立場から、面接でよく聞かれる質問を紹介。質問に対する有効な回答を事前に準備できるため、良い結果に繋げることが可能です。あなたの経験・実績・学習状況を、面接のアピールポイントに繋げるコツも紹介します。

続きを見る

 

新卒と同じ入社時期もアリ

求人の時期によっては、企業から新卒と同じ入社時期(4月)を提案されることがあります。

基本的には早くIT業界に入門して、実務経験を積んでいった方が良いとは思っています。

ただ、同年代の同期も非常に大切な存在です。

切磋琢磨できるライバルになりますし、上司や先輩に相談しづらいことも同期には相談できます。

人生において貴重な存在になる可能性があるので、新卒と同じ入社時期もアリです。

 

まとめ:社会人になった経験は無駄にはなりません

IT未経験でも第二新卒は転職に有利というお話でした。

IT業界の人手不足や国が第二新卒の採用を推奨する背景から、企業は第二新卒の採用に積極的です。

これまでのキャリアやスキルを求められないので、第二新卒を利用してあなたがやりたい仕事にチャレンジしていきましょう。

悩んだり勉強を優先している間に、第二新卒でいられる時間が終わってしまわないように注意が必要です。

一度社会人になった経験は無駄にはなりません。

-IT未経験の転職

Copyright© しろブログ , 2020 All Rights Reserved.