呼び止めたのはボク、その相手はキミ

しろブログ

TRIVIA

うんこミュージアム東京の感想【お台場に子供と行ってみた!】

投稿日:2019年9月21日 更新日:

うんこミュージアム東京の感想【お台場に子供と行ってみた!】

 

こんにちは、しろ(@azarashi0706)です。

 

娘ちゃんの熱いリクエストに応えて、噂の「うんこミュージアム」に行ってきました。

リクエストをもらったときは娘の将来が少し心配になりましたが、実際に行ってみると供も大人も楽しめるスポットでした。

 

「うんこミュージアム」という名前のインパクトから、謎の怪しいスポットだと思ってる方もいますよね。

僕も行く前はそう思っていました。

そこで今回行ってみた「うんこミュージアムTOKYO(東京)」について、感想を交えながら紹介してみたいと思います。

 

うんこミュージアムに行ってみました💩

最近テレビでよく見るので気になってはいたのですが…

大声で「うんこー❗️」って叫ぶアトラクションで少しスッキリ😆

斬新な催し物が沢山で楽しかったです🎶

帰りにお土産で1人1個だけうんこがもらえます💨

 

こんな人におすすめ

・うんこミュージアムについて知りたい人

・うんこミュージアムに行ってみたい人

・東京の珍スポットを知りたい人

 

ファミリー、カップル、お友だち…意外とバランスよくおすすめできるスポットです。

3分程度で読める記事なので、ぜひご覧になってみてください。

 

特にカップルやお友だち同士で行くと距離が縮まると思います。

 

 

うんこミュージアム東京の感想【お台場に子供と行ってみた!】

うんこミュージアム東京の感想

うんこミュージアムTOKYO(東京)」は2019年8月にオープンしたばかりの出来立てホヤホヤのスポットです。

「うんこミュージアムYOKOHAMA(横浜)」の好評を受けて開設された「うんこミュージアム」の第二弾。

MAXうんこカワイイ」をコンセプトに様々なアトラクションを楽しむことができます。

 

アクセス

お台場のダイバーシティ2階にあります。

最寄り駅はりんかい線の「東京テレポート駅」、またはゆりかもめの「台場駅」。

ダイバーシティまでの距離はどちらも同じくらいで徒歩5分程度です。

 

チケット

チケットは前売り券と当日券があります。

以下のとおり、前売り券の方が少しだけ安いです。

 

前売り券

大人(中学生以上)1,600円
小学生900円
小学生未満無料

 

当日券

大人(中学生以上)1,800円
小学生1,000円
小学生未満無料

 

前売り券はチケットサイトで購入が可能です。

当日券はダイバーシティ内で購入することができます。

 

所要時間

ミュージアム内は広くないので、所要時間は1時間程度です。

1時間もあれば、全てのアトラクションを周りきることができます。

開館時間は10:00~21:00、最終入場は20:00です。

 

食事

ミュージアム内での食事はできません。

ダイバーシティ内は食べるところが沢山あるので、食事は前後に取るようにしましょう。

ダイバーシティの2階には広めのフードコートもあります。

 

うんこミュージアム東京のアトラクション

うんこミュージアム東京のアトラクション

ミュージアム内はいくつかのエリアに分かれていて、それぞれのエリアで特徴的なアトラクションを体験することができます。

最初だけキャストの指示に従って動きますが、基本的には自由に各エリアを周ることができます。

 

マイうんこメーカー

様々な色のトイレが並ぶエリアです。

まず最初にここで踏ん張って、自分だけの「マイうんこ」を作ります。

この「マイうんこ」を持ちながらミュージアム内を彷徨い、最終的にはお持ち帰りできます。

 

「マイうんこ」は様々な色があり、娘はピンクで僕は黄色でした。

 

ウンスタジェニックエリア

インスタ映えやSNS映えを狙えるフォトスポットです。

様々なうんこを写真に収めることができます。

 

映えるうんこたち

・七色に輝く巨大うんこ

・空中を飛び交うカラフルなうんこ

・「あいあい傘」ならぬ「あいあいうんこ」

 

「うんこボルケーノ」という子供が好きなボールプールもあります。

 

ウンタラクティブエリア

 

うぅんこぉぉぉーーーーー!!!

 

大声で叫べる「うんこシャウト」があるエリアです。

他にも地面のうんこをひたすら踏んづけるコーナーもあります。

 

「うんこシャウト」にはストレス解消効果があります。

 

クソゲーセンター

うんこの白刃取り」や「高速で落下するうんこを写真に収める」など…

くだらないけど、ついつい遊びたくなってしまうクソゲーが沢山あります。

いくらでも無料でプレイすることが可能です。

 

色んな種類のクソゲーがあって、意外と大人に人気でした。

 

ウンテリジェンスエリア

便器の額縁にうんこのお絵かきができるエリアです。

ミュージアムに来た記念にみんながうんこを描いていました。

有名人が描いたうんこも飾られています。

 

消しゴム代わりのトイレットペーパーがシュールです。

 

ウンコファクトリー

うんこグッズが買えるお土産コーナーです。

こちらはミュージアムに入場しなくても入ることができます。

うんこの帽子や文房具、アクセサリなど…様々なうんこグッズが買えるコーナーです。

 

うんこの帽子が気になったんですが、少し高かったのでやめました。(4,000円超え)

 

 

まとめ:子供も大人も楽しめる良いスポット!

子供も大人も楽しめる良いスポット!

うんこミュージアムTOKYO(東京)」の紹介でした。

 

娘も喜んでいましたし、子供も大人も楽しめる良いスポットです。

ファミリーだけでなく、カップルやお友だち同士など、幅広くおすすめできます。

 

あまり広くはないので遊べるのは1時間程度といったところですが、周りにはダイバーシティなどの楽しめるスポットが沢山あります。

「うんこミュージアム」がメインでなくても、お台場に立ち寄る予定があるときはぜひ行ってみてくださいね。

 

【ブログランキング】

ブログランキングに参加しています。

クリックで応援頂けると励みになります。

にほんブログ村 ゲームブログへ  

-TRIVIA

Copyright© しろブログ , 2019 All Rights Reserved.