IT未経験の転職

志望動機の書き方と例文を紹介【未経験からIT業界への転職】

志望動機の書き方と例文を紹介【未経験からIT業界への転職】

悩みを抱える人
未経験でIT業界に転職したいけど、志望動機が全然浮かんでこない。
志望動機はどうやって書けばいいのだろう?
書き方や例文を教えて欲しい。

このような疑問を解消する記事になります。

 

IT企業のマネージャーとして、採用に携わるしろです。

未経験だとIT業界への志望動機って考えづらいですよね。

私も未経験からITエンジニアに転職した人なので、当時はかなり悩んだ思い出があります。

ですが、実は書き方のポイントを知るとそこまで難しくはありません

書類選考や面接を対応してきた経験から、IT未経験者の志望動機について、書き方のポイントと例文を紹介します。

記事の内容

・志望動機の書き方【IT未経験者向け】

・志望動機の例文【IT未経験者向け】

志望動機がスラスラ書けるようになると、転職活動のハードルが下がって、積極的に挑戦できるようになりますよ。

しろ
最初は慣れないと思うので、一緒に考えていきましょう。

 

 

志望動機の書き方【IT未経験者向け】

志望動機の書き方【IT未経験者向け】志望動機の書き方にはポイントがあります。

以下のポイントにあなたの経験を絡めることで、IT未経験者の志望動機が仕上がります。

志望動機のポイント

・なぜIT業界を志望するのか?

・なぜ応募先の企業を志望するのか?

・IT業界であなたはどうなりたいのか?

 

なぜIT業界を志望するのか?

まずはIT業界を志望する理由です。

IT業界の特徴を踏まえて、未経験のあなたがどの点に魅力を感じたのか?を考えてみてください。

IT業界の特徴

・将来性がある

・最先端の機器や技術に触れられる

・プログラミングなどのスキルを身につけることができる

・人々の生活に役立つITサービスを提供している

・コンピューター / ネットワークで社会を支える…などなど

他にもあると思いますが、ざっくりと特徴を挙げてみました。

あなたが魅力に感じる点を、IT業界の志望動機に繋げてみましょう。

・IT業界の将来性と、人々の生活に役立つITサービスを提供する仕事に魅力を感じた。

・最先端の技術を学びながら、自分を高める挑戦をしていきたいと思った。

・趣味のパソコンで、社会を支えていける仕事に就きたいと思った。

しろ
ちなみに「パソコンやプログラミングが好き」という、シンプルな理由も全然ありですよ。

パソコンやプログラミングを使った仕事という特徴と合致しますので。

関連記事ITエンジニアの将来性は最強【10年後を生きるのはあなた】

ITエンジニアの将来性は最強【10年後を生きるのはあなた】
ITエンジニアの将来性は最強【10年後を生きるのはあなた】

ITエンジニアの将来性は最強です。経済産業省の予測だけでなく、2020年からはプログラミングが小学校の必修科目になります。10年後を生きるのは、今の子どもたちだけではありません。私たちも将来必要となるスキルを身につける必要があります。

続きを見る

 

なぜ応募先の企業を志望するのか?

応募先の企業を志望する理由を考えます。

こちらもIT業界の志望する理由と同様に、企業の特徴を捉えることがポイントです。

求人情報に穴を空けるくらい目を通して、あなたが魅力に感じる点を見つけてみましょう。

・最先端のIT技術を取り扱っているから。

・誰もが知る○○サービスを提供しているから。

・大手企業のシステムを支えているから。

しろ
求人情報にヒントが沢山あるはずなので、企業の魅力を探してみてください。

 

IT業界であなたはどうなりたいのか?

最後にIT業界で活躍する将来のあなたを考えます。

将来の活躍を伝えることで、企業はあなたを採用するメリットをイメージすることができます。

企業の求人情報や採用ページを見て、求める人物像に沿った将来像だと良いです。

・チームをまとめるリーダーとして、みんなに頼られる存在になりたい。

・プログラミングスキルの学習に励み、高い技術力を持ったエンジニアとして活躍したい。

・得意なコミュニケーション能力を磨き、システムエンジニアを目指したい。

しろ
どうなりたいのかを具体的にしましょう。

 

志望動機の例文【IT未経験者向け】

志望動機の例文【IT未経験者向け】

志望動機の例文を紹介します。

実際に志望動機を作成する際は、先程紹介した3つのポイントとあなたの経験を絡ませてください。

あなたの経験の方が大切なので、3つのポイントは必ずしもすべて盛り込む必要はありません。

 

ITスキルへの興味から志望するパターン

IT業界の将来性に魅力を感じ、独学とスクールでプログラミングを学習しています。

プログラミングへの関心が高まっていく中、貴社が提供する○○システムの開発に携わりたいと感じました。

未経験ではありますが、今後もプログラミングの学習に励むことで、高いスキルを持ったエンジニアを目指し、貴社のシステム開発に貢献していきたいと考えています。

しろ
「貴社の研修制度に魅力を感じて~」よりも、「独学で学習をしています」の方が印象は良いです。

 

趣味と経験をアピールするパターン

趣味であるパソコンの知識を活用しながら、社会を支えるIT業界の仕事に就きたいと考えています。

大手企業のインフラを支える貴社に魅力を感じ、志望させて頂きました。

前職では飲食業に携わっており、アルバイトのメンバーを取りまとめていた経験があります。

パソコンの知識と前職での経験を活かし、プロジェクトチームのリーダーを目指していきたいと思っています。

しろ
ちなみに書くときは「貴社」で、話すときは「御社」です。あんまり気にしませんけど。

 

志望動機の注意点

履歴書でもエントリーシートでも、志望動機を書いた後にヘンテコな文章になっていないか?をチェックしてください。

書類選考で一番見るのはあなたの経歴ですが、志望動機や自己PRも重視します。

その中で著しくおかしな構成だったり、意味が分からない文章だったりすると、残念な印象を受けてしまいます。

セルフチェックでも良いですし、転職エージェントに内容と合わせて見てもらうのも良いでしょう。

しろ
面接では志望動機よりも、人物面を重視します。

 

 

まとめ:志望理由と将来像に経験を絡める

IT未経験者向けの志望動機を紹介しました。

業界・企業の志望理由とITエンジニアになった後の将来像を考え、あなたの経験や感じたことを絡めるのがポイント。

志望動機だけで採用は決まりませんが、書類選考では重視される項目です。

面接でも冒頭の方で志望動機を話す機会があるため、考えをまとめておかないとスタートで調子が出なくなってしまいます。

1つ完成してしまえば、他の企業に応募する際にも応用できるので、転職活動の最初にしっかりと準備をしておきましょう。

-IT未経験の転職

Copyright© しろブログ , 2020 All Rights Reserved.