呪術廻戦|禪院真依を徹底解説【真希との関係|術式・初恋相手】

呪術廻戦|禪院真依を徹底解説【真希との関係|術式・初恋相手】

本記事では、呪術廻戦に登場する禪院真依について詳しく解説しています。

こんな人におすすめ

  • 真依のことが気になる
  • 姉の真希との関係を知りたい
  • 真依の活躍をざっくり知りたい

漫画全巻と公式ファンブックの内容を元にまとめました。

禪院真依(ぜんいんまい)は京都校の高専生として登場。

東京校と京都校の姉妹交流戦で双子の姉・真希との因縁と対決が描かれました。

釘崎野薔薇(くぎさきのばら)との女子同士のいがみ合いも見どころのキャラクターです。

ネタバレを含む内容ですが、真依が気になる人はぜひチェックしてみてください。




呪術廻戦|禪院真依(真衣)とは?

呪術廻戦|禪院真依(真衣)とは?引用:呪術廻戦2巻©芥見下々/集英社

禪院真依のプロフィール

名前
(読み方)
禪院真依
(ぜんいんまい)
年齢16歳
誕生日1月20日
出身地京都
等級(階級)3級呪術師
所属呪術高専京都校
高専入学方法家系
術式構築術式
身長約170cm
趣味サボテン
好きな食べ物ジャンクフード
苦手な食べ物精進料理
ストレス東堂
声優井上麻里奈

禪院真依のスキルグラフ

スキル点数
運動神経4点 / 10点
座学9点 / 10点
呪術センス4点 / 10点
総合17点 / 30点
順位12位タイ / 14人中

※順位は東京高専と京都高専の呪術高専生14名が対象です。(公式ファンブックより)

真依の性格

女性らしい言葉づかいで一見おだやかな印象を与える真依。

しかし、口にする内容は皮肉が大量に混じっています。

  • かなりの毒舌家
  • 釘崎野薔薇とは初対面から衝突
  • 「高専じゃなきゃモテてた」と作者は評価

ファンブックで「告られてオッケーしたけど翌日フッたみたいなエピソード」を作者の芥見下々先生は期待していました。

性格に難はありますが、呪術廻戦の中でも「かわいい」/「美人」の類に含まれる女性であると思われます。

作者は呪術廻戦の女性キャラの中で一番モテるのは三輪だと述べています。

呪術廻戦|三輪霞を徹底解説【役立たずでかわいい|メカ丸との関係】

真依の髪型

真依(真衣)の髪型引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

真依の髪型は初登場時から変化しています。

最初は6:4分けのショートボブのような髪型でしたが、姉妹校交流会ではショートシャギーになっていました。

この髪型の変化については、作者が真依の髪型にしっくりときていないことが理由。

真依の髪型はまた変わることをほのめかしています。

構築術式

構築術式引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

真依は「構築術式」という術式を使用します。

構築術式の特徴

  • 術者の呪力を元に物質を0から構築
  • 呪力消費が激しく体への負荷は大きい
  • 一度精製された物質は術式終了後も消えずに残る

呪力次第で何でも作れますが、消耗が激しく1日1発の弾丸を作るのが精いっぱい。

実際、弾丸を精製した真依は鼻血を流していました。

構築術式で作れるのは作者いわく「せいぜいキンケシ(キン肉マン消しゴム)くらい」とのことです。

効果に消費が見合っていない少々弱い術式と言わざる負えないかもしれません。

ちなみに真依が使用している拳銃は「コルトパイソン357」。

6発という弾数でわかりやすくブラフを張るためにリボルバーを使用しています。

真依は銃弾を撃ち尽くしたように見せかけて、構築術式で精製した新たな弾丸で不意を突く戦法を取りました。

漫画「シティーハンター」の主人公・冴羽獠が使用する拳銃と同じことが言及されています。

真依の初恋相手

真依の初恋相手

引用:呪術廻戦3巻©芥見下々/集英社

初恋も術式もアンタに教えたことはない

姉の真希へのセリフから、真依は初恋を経験していることがわかります。

初恋相手については、作者は下記のように回答しました。

  • おそらく伏黒恵
  • 次点で知らない人
  • 大穴で真希

初登場時は伏黒恵に「真依って呼んで」と言い、女性の好みを聞いたときはハートマークを出していました。

東京では京都校の東堂葵と一緒に行動していましたが、東堂のことはストレスとして挙げています。

アニメでは東堂が推すアイドル・高田ちゃんの握手会に真依が連れて行かれるシーンがあります。

真依と真希との関係

真依と真希との関係引用:呪術廻戦3巻©芥見下々/集英社

呪術界の御三家である禪院家は強力な術式を持つ呪術師たちを取り込み、歴史の中でも揺るぎない地位を獲得しています。

それ故、伏黒恵の「十種影法術」などの強力な術式が相伝されなかった者は落ちこぼれとしての人生を歩むことになります。

双子の姉・真希

禪院真依(妹)と禪院真希(姉)は双子の姉妹です。

強力な術式を相伝できなかった真依と呪力そのものがなかった真希は禪院家で不遇の扱いを受けます。

しかし、禪院家では認められないものの、真希には真依にない才能がありました。

天与呪縛

本来持つべきだった術式と引き換えに真希は人間離れした身体能力を与えられていたのです。

双子の姉・真希については…

呪術廻戦|禪院真希を徹底解説【死亡した?乙骨との関係と強さ】

で詳しく解説しています。

真依の過去

真依の過去引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

呪霊が見える真依と呪霊が見えない真希。

幼い頃、道に佇む呪霊が恐くて進めない真依の手を真希が引っ張りました。

真依「お姉ちゃん 手放さないでよ 絶対だよ?」

真希「放さねーよ 姉妹だぞ」

時が経ち、禪院家で不遇な扱いを受けていた真希は禪院家から出ていきます。

昔から不安なんてないみたいに未来へズカズカ進む真希。

なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの?

呪術師になりたくなかった真依は、禪院家で雑用として生きれば良いと考えていました。

嘘つき…大っ嫌い

幼い頃に交わした姉妹の約束どおり、真依は真希と一緒に呪術師以外の道を歩みたかったのです。

禪院直哉との関係

従兄弟の禪院直哉(ぜんいんなおや)は真依について、下記のように述べています。

その点真依ちゃんは立派やね

真希ちゃんと同じ顔同じ乳

強がっとるけど自分が女やと心底理解しとる

禪院家らしい能力主義が感じられる直哉ですが、直哉は真依の女性的な部分を評価しているようです。




真依の活躍

真依の活躍引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

真依は東京校と京都校の姉妹校交流会で活躍しました。

東堂と一緒に他の京都校のメンバーたちよりも一足早く登場したキャラクターです。

東京校と京都校の顔合わせ

東京校と京都校の顔合わせ引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

東堂と共に京都校の学長の打ち合わせに同行した真依は、真希にパシられた伏黒恵と釘崎野薔薇に遭遇します。

真依の虎杖悠仁への侮辱や皮肉たっぷりの言葉に野薔薇も黙っていません。

真希さんの方が百倍美人

寝不足か?毛穴開いてんぞ

この言葉に腹を立てた真依は野薔薇の腰に拳銃を突きつけます。

野薔薇を一度ダウンさせた後、真希の登場と東堂の用事のおかげで一旦痛み分けとなりました。

野薔薇の発言は挑発のため、真依の毛穴は別に開いてはいないようです。

野薔薇を狙撃

姉妹交流会直前のミーティングで、真依は姉・真希と野薔薇への戦闘意欲を示しました。

真希は私にやらせて できれば茶髪の一年も

ところが野薔薇は先に京都校3年・西宮桃(にしみやもも)と戦闘を開始します。

2人の戦闘に決着が付こうとした瞬間、真依の有効射程ギリギリの狙撃で野薔薇はダウンしました。

このときの真依が放った銃弾は実弾ではなくゴム弾です。

姉・真希との対決

姉・真希との対決引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

野薔薇を仕留めた直後、真依と真希の姉妹対決が始まりました。

  • 真希の優れた体術に圧倒される
  • 「アンタなんか大嫌い」
  • 真依は6発の弾を全弾使い切る

リロードさせまいと攻撃を仕掛けようとする真希に存在しないはずの7発目の銃弾が放たれます。

それは真依の「構築術式」によって0から構築された弾でした。

ブラフで隙を突いた一撃でしたが、真希は弾丸を素手でキャッチ。

双子の対決は姉・真希の勝利で決着が付きました。

呪術甲子園

呪術甲子園引用:呪術廻戦7巻©芥見下々/集英社

姉妹交流会の2日目に開催された東京校と京都校の野球対決。

真依は5番ファーストのポジションを務めました。

ピッ…チングマシーン?よくわからないわ

あなた機械詳しいのね もしかしてオタク?

メカ丸のスペアとして登場したピッチングマシーンに文句を言う野薔薇に対してスッとぼけた対応をしています。

また、東堂がデッドボールを受けた際は、真っ先に「ナイスピッチ―」と声を上げていました。

真依の活躍は漫画やアニメの何巻・何話?

真依の主な活躍は以下で描かれています。

活躍漫画アニメ
初登場2巻8話
釘崎野薔薇との因縁3巻8話
高田ちゃんの握手会-8話
真希との対決5巻17話

姉・真希との決闘の中で姉妹の過去や姉への想いが語られました。

禪院家という御三家に産まれても才能の有無だけで不遇な扱いを受ける真依の境遇には少し同情します。

今後も姉・真希や従兄弟の直哉との絡みに期待です。

-呪術廻戦

© 2021 まんがのしろ