呪術廻戦|禪院真希を徹底解説【死亡した?乙骨との関係と強さ】

呪術廻戦|禪院真希を徹底解説【死亡した?乙骨との関係と強さ】

本記事では、呪術廻戦に登場する禪院真希について詳しくまとめています。

こんな人におすすめ

  • 真希の能力/過去/強さを知りたい
  • 真希と乙骨の関係が気になる
  • 真希が死亡したのかを確認したい

漫画全巻と公式ファンブックの内容を元にまとめました。

真希は主人公・虎杖悠仁たちの先輩で漫画0巻から活躍しています。

呪術会御三家の1つ禪院家とのしがらみや漫画0巻の主人公である乙骨憂太との関係が見どころのキャラクターです。

ネタバレを含む内容ですが、真希が気になる人はぜひチェックしてみてください。




呪術廻戦|禪院真希とは?

呪術廻戦|禪院真希とは? 引用:呪術廻戦2巻©芥見下々/集英社

禪院真希のプロフィール

名前
(読み方)
禪院真希
(ぜんいんまき)
年齢16歳
誕生日1月20日
出身地京都
等級(階級)4級呪術師
所属呪術高専東京校
高専入学方法家系
術式なし
天与呪縛フィジカルギフテッド
身長約170cm
特技空き缶潰し
好きな食べ物ジャンクフード
苦手な食べ物精進料理
ストレス禪院家絡みの手続き
声優小松未可子

禪院真希のスキルグラフ

スキル点数
運動神経10点 / 10点
座学7点 / 10点
呪術センス0点 / 10点
総合17点 / 30点
順位12位タイ / 14人中

※順位は東京高専と京都高専の呪術高専生14名が対象です。(公式ファンブックより)

真希の性格

呪術高専東京校の2年生。

1年の釘崎野薔薇(くぎさきのばら)からは「真希さん」と呼ばれて慕われています。

真希の性格

  • 男勝り
  • 姉御肌
  • 言葉づかいは男そのもの

ぶっきらぼうで粗暴な物言いですが、初登場時には同級生を亡くした1年生を気遣う態度を見せていました。

また、自分のことを苗字で呼ばれるのが嫌なようで、乙骨や伏黒が苗字で呼んだときは注意しています。

基本的には相手のことも名前で呼びますが、京都校の東堂のことだけは苗字で呼んでいます。

真希の髪型と容姿

ポニーテールと眼鏡が真希のトレードマーク。

真希の容姿

  • 妹の真依と比べて直毛
  • ポニーテールの長さは作者の都合でコロコロ変わる
  • スタイルがいい

野薔薇が妹の真依に対して「真希さんの方が百倍美人」と言っている辺り作中でもかわいい部類に入る模様。

乙骨に「巨乳派?微乳派?」と聞いたパンダの反応から真希のスタイルの良さも伺えます。

ちなみに漫画0巻ではポニーテールをほどいて眼鏡を外した顔や私服姿を見ることが可能です。

真希の能力

真希の能力引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

真希には一般人並みの呪力しかなく、術式もありません。

その代わり「天与呪縛」(先天的な不自由さと引き換えに高い呪力や能力を持つこと)を授かりました。

真希は天与呪縛による「フィジカルギフテッド」で人間離れした身体能力を獲得しています。

真希の優れた身体能力

  • 弾丸を素手でキャッチ
  • 野球でホームラン
  • 他の呪術師を近接戦で圧倒

真希の近接戦のベースは中国拳法ですが、その他の武術もモリモリに使います。

東京校と京都校の姉妹交流戦では合気道の技も使用していました。

剣の使い方は刀を扱う三輪と比べるとカンフー感が強めのようです。

完成形は伏黒甚爾

完成形は伏黒甚爾引用:呪術廻戦13巻©芥見下々/集英社

真希と同様の「フィジカルギフテッド」を持つ伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)。

渋谷事変で真希は甚爾との力比べに負けて游雲を軽々と奪われました。

呪力が完全に0の甚爾は真希よりも高い身体能力を授かっていて、真希の完成形とされています。

真希はこれまで「一般人並みの呪力を強いフィジカルでどう補うか」という考え方でした。

しかし、渋谷事変で甚爾を目の辺りにして、今後は「いかに捨てるか」という考え方にシフトしていくと作者は言及しています。

真希の完成形となる伏黒甚爾については…

呪術廻戦|伏黒甚爾を徹底解説【伏黒恵の父・最強パパの死亡と復活】

で詳しく解説しています。




真希の武器

真希の武器引用:呪術廻戦13巻©芥見下々/集英社

呪力に乏しく術式もない真希は呪具を武器にして戦います。

扱う呪具は私物もありますが、特級呪具の「游雲」などは五条家所有の呪具です。

伏黒恵に呪具の扱いなら真希は学生一だと評価されています。

眼鏡

呪霊が見えない真希は呪具の眼鏡をかけることで呪霊の存在を見ています。

1年生のときは「縁なしの丸メガネ」をかけていましたが、2年生になってからは「四角い黒ぶちメガネ」に変わりました。

これは夏油傑(げとうすぐる)との戦いで「縁なしの丸メガネ」を破損してしまったためです。

屠坐魔(とざま)

短く太い刃を持つ短剣の形をした呪具。

少年院での任務前に五条先生から虎杖悠仁(いたどりゆうじ)に貸し与えられました。

特級呪霊との戦闘で破壊されましたが、実は真希が所有する呪具を五条先生が又貸ししたものでした。

大刀

大刀引用:呪術廻戦0巻©芥見下々/集英社

真希がメインで使用している「なぎなた」の形状をした大刀。

  • 小学校に発生した3体の呪霊を一振りでまとめて祓う
  • 三輪との戦闘で振り回す

厳密に言うと刀身が呪具で柄の部分は普通の武具になっています。

そのため、呪力がない真希でも力づくで柄を折ることができました。

三輪との戦いで柄の部分を腿(もも)で折って投げつけています。

游雲(ゆううん)

特級呪具の1つである三節棍。売却すれば5億円以上の代物です。

特殊な効果は持ちませんが、使用者の膂力(りょりょく=パワー)を最大限に引き出す性能があります。

花御(はなみ)や陀艮(だごん)などの特級呪霊との戦いで使用しました。

元の所有者の夏油傑(げとうすぐる)に敗れた真希は、游雲を使うと胸糞悪くなるようです。

真希と禪院家との確執

真希と禪院家との確執引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

真希の苗字は「禪院」(ぜんいん)。

禪院家は有能な術師たちを集めて地位を固めてきた呪術会における御三家の1つです。

真希の過去

呪術師に必要な最低限の素質は「呪いが見える」ことです。

呪具の眼鏡なしでは呪いを見ることができない真希は、禪院家で落ちこぼれとして扱われています。

将来許された道も禪院家の雑用係くらいでした。

  • 飯はまずいし
  • 部屋は狭いし
  • 知らねぇオッサンがうろついてる

という感じで真希いわく「本っ当 最悪だったわ!!」。

そして、現当主の禪院直毘人(ぜんいんなおびと)に以下を宣言して家を出ます。

「私が禪院家当主になる」

一級術師として出直って禪院家に吠え面かかしてやりたい…禪院家への反骨精神で真希は呪術師を続けています。

双子の妹・真依(真衣)

双子の妹・真依(真衣)引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

真希には双子の妹・真依がいます。

幼少期は仲が良かったのですが、禪院家を出たことで真依にも「落ちこぼれ」と当たられるようになっています。

真依は幼少時に交わした「絶対おいてかないでよ」という約束を破った姉・真希のことが許せません。

姉妹交流戦における2人の対決で真希は勝利しますが、わだかまりの方は解消されていない模様です。

妹の真依については…

呪術廻戦|禪院真依を徹底解説【真希との関係|術式・初恋相手】

で詳しく解説しています。

真希の父親

真希と真依の父親は特別一級術師である禪院扇(ぜんいんおうぎ)という人物です。

詳しい人物像はまだ明かされていませんが、禪院直毘人の弟に当たります。

聞いたか?扇の娘の話

片方は術式どころか呪いも見えんらしい

やはり双子は凶兆か…

真希と真依の双子について、禪院家ではこのように噂されていました。

階級が4級のまま

真希の昇級を禪院家が邪魔しているため、真希の階級は最も低い4級のままです。

  • 三輪「2級呪霊くらい難なく倒せるでしょ」
  • 冥冥「さっさと2級にあげてやればいい」
  • 五条「僕もそう思うんだけどさー 禪院家が邪魔してるくさいんだよね」

登場人物たちからは2級術師相当の実力があると評価されていました。

後に冥冥と東堂に1級術師に推薦されることになります。(昇格自体はまだ保留)

1級になるためには、1級術師2名以上からの推薦が必要です。




乙骨との関係

乙骨との関係引用:呪術廻戦0巻©芥見下々/集英社

呪術廻戦本編の前日談を描いた0巻で真希は乙骨憂太(おっこつゆうた)と共に活躍しました。

乙骨への印象は初対面から現在までで以下のように変わっています。

  • 初対面:ムカつくもやし
  • 現在:凄いもやし

初対面のときは乙骨のことを良く思っていませんでしたが、呪術高専での生活の中で段々と惹かれていきます。

パンダは真希のことを「憂太といる時は少し丸くなるよな~」と言っていました。

僕は真希さんみたいになりたい

強く真っすぐ生きたいんだ

そして、乙骨のこの言葉に禪院家で不遇の扱いを受けてきた真希の気持ちが大きく揺れ動きます。

馬鹿か私は 認められた気になってんじゃねーよ

真希は1人になった途端、頬を赤らめながらつぶやきました。

真希と良い雰囲気の「乙骨」については…

呪術廻戦|乙骨憂太を徹底解説【強さ・里香との関係・本編に再登場】

で詳しく解説しています。

里香のやきもち

百鬼夜行で夏油傑と対峙した真希は右足が潰れるくらいの重症を負っています。

乙骨が反転術式で真希を治療していると、乙骨を愛する特級過呪怨霊の里香がやきもちを妬きました。

ずるい ずるい

お前ばっかり!!お前ばっかり!!

これに対して乙骨は以下のように注意しています。

その人は僕の恩人だ

蝶よりも花よりも丁重に扱え…!!

真希の強さ

真希の強さ引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

作中で真希の強さがわかる描写をまとめています。

認定されている4級よりも数段上の実力を持ちますが、1級以上の術師や特級呪霊たちにはまだ力は及びません。

三輪からの評価

この人 滅茶苦茶強い!!

姉妹交流戦で直接対決した三輪は真希のことを「強い」と評価しています。

真依からは「あんなんただの雑魚よ」と聞いていたため、三輪は「真依のバカ!!」と嘆いていました。

実際、三輪は真希に手も足も出ずに「太刀取り」で刀を奪われて敗北しています。

三輪霞については…

呪術廻戦|三輪霞を徹底解説【役立たずでかわいい|メカ丸との関係】

で詳しく解説しています。

虎杖悠仁の評価

虎杖悠仁の評価引用:呪術廻戦5巻©芥見下々/集英社

ケンカは超強い

野薔薇に「真希さんのことどう思う?」と聞かれた悠仁はこのように答えています。

重心や歩き方から真希の強さが伝わったようです。

真希が4級と聞かされたときも悠仁は「え マジ?」と驚いていました。

特級呪霊「陀艮」からの評価

渋谷事変で真希は1級以上の術師たちと共に特級呪霊の「陀艮」(だごん)と戦いました。

真希と共闘した術師

  • 禪院直毘人(特別1級術師)
  • 七海建人(1級術師)

因縁がある禪院直毘人の術式に命を救われた際は「恥だ……!!」と嘆いています。

力を髭の男7:スーツの男3に調整……!!

陀艮が領域展開した後は全く戦闘に付いて行けず、陀艮は真希のことをほぼ無視。

弱い お前が一番……!!

陀艮からは「弱い」と評価されましたが、助太刀に入った伏黒恵から「游雲」を受け取って陀艮にダメージを与えています。




真希は死亡した?

真希は死亡した?引用:呪術廻戦13巻©芥見下々/集英社

真希は渋谷事変において、特級呪霊の漏瑚(じょうご)にあっという間に焼かれました。

声を出す間もなく、上半身を燃やされて床に倒れ込んでいます。

その後、生死は不明でしたが瀕死の状態で生きてることが明かされました。

真希の活躍は漫画の何巻・アニメの何話?

真希の活躍は主に以下で描かれています。

活躍漫画アニメ
乙骨との出会い0巻-
本編に初登場2巻6話
三輪・真依との戦い5巻17話
陀艮との戦い13巻-
漏瑚に焼かれる13巻-

作者は真希について「いかに伏黒甚爾のようになれるかが課題」と述べています。

また、映画公開が発表された「劇場版 呪術廻戦0」でも活躍が期待されるキャラクターです。

漫画やアニメでも真希をチェックしてみてください。

-呪術廻戦

© 2021 まんがのしろ